悪玉コレステロールの増加を抑える|血液サラサラを実現

ウーマン

肥満や糖尿病の方は注意

女性の腹部

動脈硬化の原因

悪玉コレステロールとは、健康診断の血液検査における、LDLコレステロールと呼ばれる数値です。この数値の基準値は、70から139mg/dLとされていますから、140を超えてくると要注意ということになります。悪玉コレステロールは、コレステロールを肝臓から放出し、身体のあちこちへと運搬する性質があります。つまりは、身体中にコレステロールを撒き散らす性質があるのです。また、コレステロールには、血管を詰まらせてしまいますから、動脈硬化や血行不良など、さまざまな身体的影響をもたらします。こうした理由から、この数値は、できるだけ低くする必要があります。肥満や、糖尿病、高血圧などを併発している可能性がありますから、原因は生活習慣です。特に食生活に問題がありますから、数値が高い場合は食事を必ず見直してください。

善玉コレステロール

実は、悪玉コレステロールの反対の働きをするコレステロールもあります。これを善玉コレステロールといい、健康診断の数値では、HDLコレステロールと呼ばれるものです。こちらは、善玉とありますから、悪玉とは対をなすものとご想像がつくことと思います。悪玉コレステロールとは、真逆の働きをしますから、動脈硬化や、血行不良を防ぐ効果があるコレステロールです。これは、身体にあるコレステロールを肝臓に戻す役割があります。コレステロールは、肝臓に入りますと代謝され、別の物質となりますから、コレステロールを消す効果があると言えます。結果的に悪玉コレステロールや中性脂肪を分解する効果がありますから、この数値は高い方が良いということになります。薬の中には、悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変える「パンテチン」と呼ばれる薬もありますから、数値や肥満が気になるようでしたら摂取を検討しても良いでしょう。