悪玉コレステロールの増加を抑える|血液サラサラを実現

ウーマン

コレステロールの種類と病

タブレット

善玉と悪玉

コレステロールが高いと病にかかりやすいということがまことしやかに言われていますが、実際には必ずしもそうではありません。問題になるのは悪玉コレステロールであり、悪玉コレステロールが酸化されてできる物質が特に血管に沈着してしまいやすいことが大きな問題となります。それによって血管の状況が悪化してしまい、動脈硬化を起こしやすくなってしまったり、血管の抵抗値を上げてしまって高血圧になりやすくしてしまったりすることが問題なのです。コレステロールには善玉コレステロールもあり、こちらが多いことは健康上にはそれほど支障はなく、むしろ悪玉コレステロールが多くても善玉コレステロールが多ければ動脈硬化を発症するリスクが減るとされています。

悪玉と呼ばれる理由

コレステロールには二種類あるものの、悪玉コレステロールが良くないとされるのは酸化を受けやすいという性質があるからです。悪玉コレステロールとされるのはLDLであり、善玉コレステロールとされるHDLとは密度や結合しているタンパク質、中性脂肪の比率といった面で違いがあることが知られています。その違いによって物性が変わってしまっていることで健康に悪影響を及ぼしやすくなっているものがあるのです。一方、身体に悪いからといって摂取しないことにリスクがあるのも特徴です。コレステロールは細胞膜の成分として不可欠なものであり、十分な量を摂取することも健康を維持するために必要となります。適量が大切であるというのがコレステロールの特徴なのです。