悪玉コレステロールの増加を抑える|血液サラサラを実現

ウーマン

吸収抑制による制御

ウエスト

キトサンによる吸収抑制

悪玉コレステロールを減らすことは動脈硬化を代表とする様々な疾患のリスクを低減させるために重要なことです。それに役立つ成分としてキトサンがあります。キトサンは甲殻類やとうもろこしなどから人工的に作られている有用な成分であり、その作用としてコレステロールの吸着をすることができるということが特徴となっています。キトサン自体は吸収されることがなく、食物繊維としての機能を果たすため、結果としてコレステロールの吸収抑制を行うことができるのです。コレステロールは食べ物から摂取するだけでなく、胆汁を介して身体の中から消化管内に排出が行われています。それも再吸収しないようにすることができるのがキトサンの特徴です。

消化管内への分泌促進へ

コレステロールの吸収を抑制することによって悪玉コレステロールも減ることになりますが、コレステロールは身体を作る上で必要な物質でもあるという側面があります。そのため、むやみに吸収を抑制するのが必ずしも良いわけではありません。そのため、今後は吸収を抑制することに加えて、悪玉コレステロールを分解してコレステロールを消化管内に分泌することを促進するというアプローチが併用されていくことになるでしょう。そうすることによって体内にできてしまった悪玉コレステロールを効果的に減らすことができるからです。そういった配合を行ったサプリメントが流通するようになって悪玉コレステロール対策が万全な状態に作り上げていくでしょう。